本日の全少結果

全日本Uー12選手権 第1ブロックトーナメントが行われました。

みどりSCの最高学年が目指す全国の舞台に向けた闘いが始まりました。

まずはトーナメント初戦、しっかり勝って弾みをつけたいところ、開始早々綺麗なワンツーから溢れたボールを流し込み先制します。
が、その後相手チームの小学生離れしたエース選手に翻弄され、前半だけで4失点。
後半も得点を挙げられないまま更に失点。
終わってみたら1ー5の大敗を喫してしまいました。

局面局面ではやれていたかもしれません。
ただ、それを継続してやれていたかというとどうだったでしょうか。

マイボールになった時、オフザボールの選手は仲間を助ける動きができていたでしょうか。
相手ボールの時、全員が本気で奪おうとしていたでしょうか。

この位でいいか、、、

では闘える筈もなく、
小手先だけのサッカーでは強豪チームには通用しません。

いま自分たちに足りないモノは何なのか。
もう一度謙虚な気持ちで考え直して欲しいと思います。

ここで気付けて良かったです。

またここからやり直しです。

《結果》
vs古千谷FC 1-5  負け

本日もお手伝い頂きました保護者、スタッフの皆さんありがとうございました。

◎古千谷FC

6年生大会3位決定戦の結果

6年生大会 3位決定戦が行われました。

《結果》
vs 木下川SC 1ー1 (PK 3ー4)負け

前半に簡単に失点。
一人一人の距離感も動きも悪く、一部の選手以外
『何とかして取り返そう!』
という気概も感じる事なくハーフタイムに。

一つ二つのヒントを投げかけますが、相手の身体を張った守りと早いプレッシャーに自由にプレーさせて貰えず、焦って自ら窮屈な状態にはまっていきました。

相手陣内でファールを受け、FKを直接叩き込み同点としましたがそのままタイムアップ。
PK戦へ。

ここでキッカーを3人選ぶのですが、すぐさま手を挙げたのは1人だけ、、、
その後も何度も聞きましたが誰も志願せず。
『じゃあ棄権しようか?』
と言ったと同時に、2人が挙手。
、、、、、⁇
(このPK戦、取れるのかな、、?)

結局、結果はこちらのキーパーが最高のセーブで2本止めてくれましたが、
キッカーが3本外してしまい、残念ながら負けてしまいました。

PK戦は確かに責任を感じたり、キックそのものにプレッシャーを感じたりするので嫌がる気持ちも分からなくもないです。
ないですが、そんな気持ちに負けるようであれば最初からピッチから出て行って欲しい、というのが私の持論です。
緊張するのは相手も同じ。
あとは勝ちたいという気持ちがどれだけあるか、それが強い方が最後は勝つんです。

今後はこういう場面でも強い気持ちを持てる選手になっていって欲しいと願います。

その前にPK戦になる前にしっかりと勝負をつけられる様になって欲しいものです。

残念ではありますが6年生、最後の学年大会は4位となりました。
彼等が必死に闘ってくれていたのなら何位であっても価値があると思いますが、どうだったでしょうか。
全ての答えは彼等の心の中にあると思います。
常に誇れる自分であって欲しいと思います。

本日もお手伝い頂いた保護者、スタッフの皆さんありがとうございました。

◎木下川サッカークラブ

2021年9月26日 3年生大会予選の結果

9月26日、3年生大会の予選が開催されました。

《結果》
第一試合 vs SSC業平U-12B 6-0勝ち

 試合の入りから積極的なアプローチで攻守に渡り

とても良い形でプレーできていました。

前半先制点を取ると勢いを増し、プレーの幅が広がって行きます。

パスを繋ぐタイミング、動き出しのタイミング、

絶妙なパスコースでシュートチャンスを作り出す等

今迄で1番良い試合でした。

チームの雰囲気、一体感はとても良く、

2年生も少ない時間ながら出場する事ができました。

第2試合 vs 二寺SC 0-3負け

第1試合と全く違うチームかと思う程、入りから

相手ペースで試合が進みます。ボールを持てば寄せが早く、

簡単にボールを取られ、両サイドを使われて

外から中、中から外とスペースに人が取られ、

空いたスペースに入り込まれ前半2失点。

ハーフタイムに気持ちを切り替えさせて、

落ち着かせてから送り出しました。

後半出足は頑張っていましたが、連戦の疲れから次第に足が止まり始め、

マークのズレ、判断の悪さ、人任せのプレーが目立つ様になり、

相手のワンサイドゲームに。

それでも時々良いプレーもありました。

最初は良かったから次の試合も…と言う訳には行かないのがサッカーです。

ワンプレーを大切にしチーム力で強い相手には立ち向かう。

基本的な事を再確認した試合でした。

予選ブロックは2位通過で決勝トーナメントに進めました。

これから厳しい試合になります。

今日の悔しさをバネに頑張ってほしいと思います。

本日も審判対応、お手伝い頂いたスタッフ

保護者の皆さんありがとうございました。

今後も応援宜しくお願い致します。

SSC業平U-12

二寺サッカークラブ

6年生大会決勝トーナメントの結果

6年生大会決勝トーナメントが行われました。

《結果》
(準々決勝)vs 中川FC 2ー0 勝ち

(準決勝)vs 二寺SC–A 0ー2 負け

1試合目、サイドハーフの選手が素晴らしい抜け出しで2得点を挙げ無事勝ち切る事が出来ました。

そして2試合目、
前回、前々回、と敗戦している相手との対戦でした。
お互いの押し引きが続き決定打がないままズルズルと時間が経過。
後半、自陣ゴール前でのクリアが相手に繋がり決められてしまいます。その後必死に守る相手を崩し切れず、前がかりになったところを逆に突かれ更に失点。
そのままタイムアップとなりました。

1試合目の内容から見てとても良いサッカーが出来ており選手共々自信を持って臨みましたが残念な結果となってしまいました。

敗因はと言えば、
細かいプレーの中身がどうこうよりも実はもっと別のところにあると思っています。

ここには記しませんが
お互いの力が拮抗したこういう試合になると全てにおいて
“あと一歩! あと少し!”
が大きな結果となって突きつけられます。

勝ちたいと思う気持ちの強さで決まる部分も多大にあります。

彼等は必死に闘っていました。いつも以上に。
でもまだ足りてないんです。
その足りない部分をもっともっと補ってあげたかった。
そんな風に感じています。

とは言え、ここ最近では一番良いサッカーが出来ていたのではないでしょうか。
2試合を通して縦パスでスイッチを入れる、斜めのパスを入れる、ダイレクトを挟むといった、いまテーマにしているプレーが随所に見受けられました。
こういう部分をどんどん研ぎ澄まして行って欲しいと思います。

小学生のサッカーの結果が選手の全てではありません。
今後まだまだ続く彼等のサッカー人生の礎となってくれたら、と思います。

学年大会4連覇は逃しましたが、まだ3位決定戦が残っています。
最後はしっかり勝って終わりたいと思います。

本日もお手伝い頂いた保護者、スタッフの皆さんありがとうございました。

◎中川FC

◎二寺サッカークラブ

6年生大会予選の結果

6年生大会予選2日目が行われました。

《結果》
vs 外手SC 2ー1 勝ち

立ち上がりからボールを握る時間が長く続きましたが得点には至らず。
攻守ともにあと一歩が足りず思うような試合展開にはなりませんでした。
後半、選手交代と併せて幾つかのヒントを。
するといつも通りの流れを作り出し、
早々に自陣からの長めのスルーパスに抜け出しシュートのこぼれを交代で入った5年生選手が押し込み、先制。
その後も追加点を挙げ、近々に開催される5年生大会に向けて5年生選手全員に経験値を上げて貰いたかったのですが時間の壁に阻まれ全員出場とはなりませんでした。
代わって入った5年生選手達も頑張って試合を組み立てしっかりと闘ってくれました。
良い経験になったかと思います。

予選3勝で無事決勝トーナメントに進む事が出来ました。

本日、お手伝い頂いた保護者スタッフの皆さんありがとうございました。

◎外出サッカークラブ